トップページ > 引越し準備の基礎知識 > 荷造りについて

荷造りについて

荷造りについて

荷造りはできる範囲でいいですから、自分たちで行った方が引越し料金は安くなります。
とはいっても慣れているものではありませんので、ちょっとしたコツがいります。

例えば、荷造りに集中するあまり、日用品などの最後まで必要なものを段ボールの奥の方に
しまってしまうような失敗はよくあるようですので、注意が必要ですね。

段ボールは引越し業者からもらえるのが普通

荷造り用の段ボールは引越し業者からもらえることが多いようです。
その前に業者に確認したいのが、段ボールを断ればその分引越しの料金が安くなるかどうかです。
段ボール自体は近所のスーパーなどで要らなくなったものをもらうことができます。
もしそれで少しでも安くなるんだったらやってみる価値はありますが、
あまりにもわずかな差しかないのでしたら、ありがたく使わせてもらった方が賢明です。
スーパーにもらいに行くのも結構手間なので。

食器の梱包には新聞紙がいいです

荷造りで気を使うのが衝撃で割れたり、壊れたりする可能性があるものです。
代表的なものは食器だと思いますが、食器には緩衝材として新聞紙を使うといいです。
もちろんプチプチなどの緩衝材を買ってきてもいいのですが、それでは費用がかさみます。

コツは食器を入れる段ボールは小さ目のものを用意することと、
必ず食器一枚一枚に新聞紙を巻くことです。
使わなくなったハンドタオル、バスタオルなども緩衝材として大いに活用できます。

ページ先頭へ戻る